« 『ジャックと豆の木』 訳:楠山正雄 朗読:恒松あゆみ | トップページ | 『鳥をとるやなぎ』 作:宮沢賢治 朗読:中村知子 »

2008年8月22日 (金)

『氷河鼠の毛皮』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史

ベーリング行きの最大急行夜行列車が、
ひどい灰色の吹雪の中をイーハトヴ駅を出発していきました。
十五人ばかりの乗客の中で一人、氷河鼠の毛皮や
ラッコ裏の外套などの豪勢で贅沢な格好の肥った紳士が
ウィスキーを飲みながら、毛皮の自慢話でほかの乗客にからみます。
夜が明けた時、雪原の中で急停車した列車に、
ピストルで武装した熊たちが大挙してあがりこんできて・・・・・!

宮沢賢治の名作です。

右クリックで「対象をファイルに保存」を選択ふぁんた時間

※ファイルをダウンロードする際には、右クリックで「対象をファイル
に保存」を選んでください。

三戸貴史の朗読でお楽しみください。(プロフィール)

★テキストは、青空文庫に拠っています。
入力、校正、制作にあたられたボランティアのみなさんのご尽力によ り
ごらんいただくことができます。青空文庫のテキストはこちらです。

|

« 『ジャックと豆の木』 訳:楠山正雄 朗読:恒松あゆみ | トップページ | 『鳥をとるやなぎ』 作:宮沢賢治 朗読:中村知子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190136/42240133

この記事へのトラックバック一覧です: 『氷河鼠の毛皮』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史:

« 『ジャックと豆の木』 訳:楠山正雄 朗読:恒松あゆみ | トップページ | 『鳥をとるやなぎ』 作:宮沢賢治 朗読:中村知子 »