« 『眠る森のお姫さま』 作:シャルル・ペロー 訳:楠山正雄 朗読:中村知子 | トップページ | 『氷河鼠の毛皮』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史 »

2008年8月 1日 (金)

『ジャックと豆の木』 訳:楠山正雄 朗読:恒松あゆみ

運が悪く何もかも失ってしまったジャックと母親は、
たった一匹残った牝牛を売ることになりました。
高く売ってくるように母親から頼まれたジャックでしたが、
肉屋の親方にだまされてえんどう豆と交換してしまいます。
それを知った母親は、怒って豆を窓の外へ捨ててしまうのでした。
あくる日、目が覚めたジャックは、
一晩で天まで届くはしごのように伸びた
豆の木を見て驚き、登っていきます。
ふらふらになりながら雲の上まで登りきったジャックの目の前には、
不思議な国が広がっていました・・・・・

誰もが知っているイギリスの名作童話です。

右クリックで「対象をファイルに保存」を選択ふぁんた時間

※ファイルをダウンロードする際には、右クリックで「対象をファイル
に保存」を選んでください。

恒松あゆみの朗読でお楽しみください。(プロフィール)

★テキストは、青空文庫に拠っています。
入力、校正、制作にあたられたボランティアのみなさんのご尽力によ り
ごらんいただくことができます。青空文庫のテキストはこちらです。

|

« 『眠る森のお姫さま』 作:シャルル・ペロー 訳:楠山正雄 朗読:中村知子 | トップページ | 『氷河鼠の毛皮』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190136/42030750

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャックと豆の木』 訳:楠山正雄 朗読:恒松あゆみ:

« 『眠る森のお姫さま』 作:シャルル・ペロー 訳:楠山正雄 朗読:中村知子 | トップページ | 『氷河鼠の毛皮』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史 »