« 『さるのこしかけ』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史 | トップページ | 『グスコーブドリの伝記・前編』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史 »

2009年3月26日 (木)

『美女と野獣(ラ・ベルとラ・ベート)』 作:ヴィルヌーブ夫人 訳:楠山正雄 朗読:恒松あゆみ

いっぺんに財産をなくしてしまった商人が、
行き倒れになる寸前に立ち寄った立派な御殿で
一輪のバラの花を末娘のために手折ったとき、
御殿の主であるおそろしい野獣が現れ、
命の代わりに娘を差し出すように命令します。
それを聞いた心優しい末娘のラ・ベルは、
すすんで野獣の元へ向かうのでした・・・・・。

誰もが知っている名作を、
恒松あゆみさんが情感豊かに朗読します。

右クリックで「対象をファイルに保存」を選択ふぁんた時間

※ファイルをダウンロードする際には、右クリックで「対象をファイル
に保存」を選んでください。

恒松あゆみさんのプロフィール

★テキストは、青空文庫に拠っています。
入力、校正、制作にあたられたボランティアのみなさんのご尽力によ り
ごらんいただくことができます。青空文庫のテキストはこちらです。

|

« 『さるのこしかけ』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史 | トップページ | 『グスコーブドリの伝記・前編』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190136/44472270

この記事へのトラックバック一覧です: 『美女と野獣(ラ・ベルとラ・ベート)』 作:ヴィルヌーブ夫人 訳:楠山正雄 朗読:恒松あゆみ:

« 『さるのこしかけ』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史 | トップページ | 『グスコーブドリの伝記・前編』 作:宮沢賢治 朗読:三戸崇史 »