« 『カイロ団長』 作:宮沢賢治 朗読:恒松あゆみ | トップページ | 『待つ』 作:太宰治 朗読:中村知子 »

2011年2月 3日 (木)

『トロッコ』 作:芥川龍之介 朗読:三戸崇史

軽便鉄道を敷く工事場で、土を運ぶトロッコと土工たち。
その景色にすっかり魅了された八歳の良平は、
あるとき、二人の若い男たちがトロッコを
押すのに出会い、手伝うことになる。
「われはなかなか力があるな」
ほめられてうれしくなった良平は、そのまま
男たちを手伝い、家から遠く離れて
トロッコをどんどん押し続けるが・・・。

三戸崇史さんのすてきな語りでお楽しみください。
今回も「白いふぁんた時間」として、
効果音や音楽なしでお届けします。

右クリックで「対象をファイルに保存」を選択ふぁんた時間

※ファイルをダウンロードする際には、右クリックで「対象をファイル
に保存」を選んでください。

★テキストは、青空文庫に拠っています。
入力、校正、制作にあたられたボランティアのみなさんのご尽力によ り
ごらんいただくことができます。青空文庫のテキストはこちらです。

|

« 『カイロ団長』 作:宮沢賢治 朗読:恒松あゆみ | トップページ | 『待つ』 作:太宰治 朗読:中村知子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190136/50763244

この記事へのトラックバック一覧です: 『トロッコ』 作:芥川龍之介 朗読:三戸崇史:

« 『カイロ団長』 作:宮沢賢治 朗読:恒松あゆみ | トップページ | 『待つ』 作:太宰治 朗読:中村知子 »